タグ「Bonnes Mares」が付けられているもの

Bonnes Mares Vogue 2002 ボンヌ・マール ヴォギュエ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

BonMarVog2002.jpgBonnes Mares Vogue 2002 ボンヌ・マール ヴォギュエ

外観 わずかに濁りがあるルビー色
香り 奇麗な赤い果実、スパイス、
味わい 優しく美しい赤い果実がある。酸も中等度、アルコール感も中等度、タンニンは柔らかくとけ込んでいる。余韻は長め。

前のワインの後に飲んで、やや温度が上がってしまった。最初の一口だけが純粋な赤い果実を感じて美味しかった。
このワインをもっと先に飲んでおくべきだった。やっぱりヴォギュエは難しい。温度が上がってしまってからは、アルコール感だけで香りが弱すぎる。もう一回グラスに注いだワインを冷やす必要があるくらいだ。本当に残念なことをした。
やっぱりヴォギュエは飲むタイミングだけでなく飲む条件も相当整えなくてはこのポテンシャルは出せないのだろうか。それとも実際はポテンシャルが少ないのだろうか。

ボギュエのボンヌ・マールは、南端に位置して、シャンボール・ミュニジニーよりである。すべては斜面の下部で、鉄分や粘土より含んだ赤い土のである。ワインは、レザムルースよりも常に濃く、濃密である。

ヴォギュエに関して言えば、マット・クレイマーは、ミュジニとしては心を揺さぶる力が足りない。このワインに期待していいはずの心が涌き上がるような喜びが得られないのだ。しかもかつては、まさに、ド・ヴォギュエこそがそういう感動をもたらしてくれたのだが。今では風味が濃密でなく、充実もしていないまま、無難な味わいに終わっている。これはボンヌ・マールにも言えることだろう。これがコメントされたのは、かなり前のことだから今ではもっと良くなっていると期待したいのだが。

特にヴォギュエのミュジニは飲む時期を選ぶとされる。寝ているときもあるし、非常に気難しいとも言われる。ただ本当の素晴らしいワインはもっといつでも美味しくてわかりやすいはずなのだが。

ヴォギュエ一族によって受け継がれているドメーヌは、 誰もが憧れるグラン・クリュ(特級畑)、「ミュジニー」最大の所有者(約70%)であり、 その他にも「ボンヌ・マール」「レ・ザムルーズ」といった シャンボール・ミュジニーを代表する畑を所有しています。葡萄はほぼ100%破砕除梗。伝統的な醸造法を守り、木の発酵槽で約3週間発酵させ、樽熟成は約1年で、新樽の使用比率は酒質により3~5割です。

BonMarHudBai2007.jpgBonnes-Mares Hudelot Baillet 2007 ボンヌ・マール ユドロ・バイエ

外観 エッジに微かにオレンジが入った濃いめのルビー色
香り 最初は還元臭、新樽、赤い果実、黒い果実、大地の香り、アニスなど
最初は新樽の香りしかしない。その後ゆっくりと複雑な香りが、新鮮な果実の香りとともに上がってきた。
味わい ややざらざらしたタンニンが口の中に広がる。新鮮な赤い果実、深みのある黒い果実、液体の旨味がじわりと広がってくる。酸は中等度にあり、すこしタンニンが目立つのだが、こなれている。おもったほど果実味は強くないが、余韻は長くしっかりとした深い味わいが長く続く。

最初は味も閉じていて、新樽のタンニンを感じた。その後ゆっくりと赤い果実のほんのりとした甘さが出てきてこの液体のポテンシャルがわかり始めた。まだまだ2007年は早いんだが。これは僕が開けたワインじゃないから何も言えないんだが、もっと熟成したさぞかし美味しいんだろうなと思ってしまった。

樹齢70年の古樹から生産量は2樽のみ。
極めて厳格なリュット・レゾネ栽培。化学肥料、除草剤、殺虫剤、防腐剤は一切使用しない
完全除梗、発酵は35度までの温度コントロール、50%の新樽を使用。

Bonnes Mares Vogüé 2004 ボンヌ・マール ヴォギュエ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

BonMarVogu2004.jpg

外観 少し濁ったルビー色
香り 白檀の香りがする。大地の香り、スパイス、茸
味わい 奇麗な酸とほどよい甘さがある液体である。口のなかに凝縮した濃い液体が広がる。旨味とミネラルを感じる。余韻は液体のエキスがいつまでもつづく。非常に長い余韻である。
すこし白檀の香りが強くて、うっとりするようなブルゴーニュのワインではない。パワフルで飲みがいがあるワインである。これは、ボンヌ・マールの本質なのだろうか。もう少し経験を積まなければわからないか。
コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ Comte Georges de Vogue
まだこのドメーヌは、ビィオディナミにしてはいない。厳格なリュット・レゾネと言っていいだろう。
また果実の収穫は、チャンボール・ミュジニーの中でもかなり早い。これは立地がよいこともあり果実が熟しやすいのだろうが、過熟を嫌うからと思われる。新鮮さとエレガントさを求める為である。
100%除梗、果実は潰さず、木樽に10-15°で軽く亜硫酸を加えて放置、2−3日で発酵が始まり、自然酵母のみで行われ、発酵温度は、最高34-35度にコントロールされる。ピジャージュは控えめに行われ、発酵期間はぶどう畑の地区によって異なる。
発酵後短期間のかもしを行い、プレスされる。新樽の比率は、グランクリュで35%-40%である。収穫後18ヶ月で瓶詰めされる。
果実を摘む時期が早いのが特徴でもあるかもしれない。エレガンスを残す為だが、悪いヴィンテージではやや青臭さや果実感の乏しさが強く出てしまうかもしれない。そう意味では、2005,2009の方がしっかrしたドメーヌの本領が発揮されているかもしれない。どちらのヴィンテージも非常に値段が高いのでなかなか手に入るものではないし、いつまで寝かせておけばわかないヴィンテージでもある。

Bonnes Mares Nicolas 1959 ボンヌ・マール ニコラ

BonMareNico1959.jpg

外観 淡いオレンジ色 薄いルビー色
香り 甘い ナツメグ、ミント、ミネラル、すこしブレットを感じる。
味わい 口に含んだ液体が甘い。柔らかい口あたり、やや濃く、優しい液体が口の中を流れる。余韻の中にはミネラルもあるが液体の甘さを強く感じる。
Nicolasはおそらくネゴシアンだろう。当時は、ドメーヌがほとんどなくネゴシアンものが多かったと思われる。ブレットも感じる。これも年代物で、醸造所の作りがそれほど清潔でなかったためと思われるのだが。1959の年の感じなのか、液体にねっとりとした液体の濃さと暖かさ、甘さを感じる。年代を経た複雑さはあるのだが、ボンヌ・マールとは思えるほどの力強さや複雑さは感じられない。
1959年の年は
ジャッキー・リゴーによると
例外的な年
1959年は、戦後の最長日照時間の記録を塗り替え、ディジョンでトータル2531時間を記録した年である。開花はコートで早く6月1日に始まり順調に推移したが、わずかにミルランダージュを古木に生じさせた。夏は高温だったが、9月には少量の雨がときおり振り注ぎ、結果として全体にバランスがよく、夢のような成熟度のぶどうを得ることができた。収穫は9月14日から始まり、1934年同様量の多さと質の高さが共存していた。1959年は、1ウブレあたり1樽醸造できる程の豊作だった。にもかかわらず、1996年や1999年のようにぶどうの質も非常に良かった。偉大なキュべは今でも濃い輝くような色で、素晴らしい状態である。
赤ワインは当初から火のような色で、輝くようなルビーのニュアンスがあった。粘性豊かで調和が取れ、堂々としてバランスがよく、このヴィンテージのワインの個性と、見事にコンポート化した果実の風味が共存している。寿命は1923年、1947年ほど長くはないが、最良のクリュでは精妙な絹のような舌触りと魅惑的な果実味を保っていて、飲む者を驚かした。
白ワインも例外的な出来で、今でも変わらぬ美しい金色をしている。香りは複雑で、クレーム・ブリュレ、カラメル、アーモンドキャンディー、蜂蜜の風味がある。口の中ではバランスがよく、非常に熟した味わいがある。
クライブ・コーツ
赤ワインは、大きく、濃く、豊かで、こくがある。構造はしっかりしており、しっかりした味わいがあり、酸もグリップもあり、その両方が複雑でフィネスにあふれている。ワインには夏の暑さを感じるほど、ぶどうの暖かさがあふれているが、新鮮さフルーツやエレガントさも兼ね備えている。深さと凝縮を兼ね備えた歴史に残るヴィンテージである。

BonMarPieBer1996.jpg

外観 エッジにオレンジが入った濃いめのルビー色
香り 最初は還元臭もあり、あまり香らず。次第に赤い果実、ミント、グロゼイユ、シナモン、白胡椒、大地の香り、茸など複雑で深い香りが上がってきた。
味わい 柔らかな甘みを感じ、その後しっかりした酸と凝縮した果実を感じる。酸が豊富なせいかまだ果実感にフレッシュさが残る。しかし全体的にヴォリューム感がありこなれたタンニンも感じる。余韻も長く甘い果実感が長く続く。
これはやっぱりシャンボール・ミュジニの要素よりはモレ・サン・ドニ側の要素が強い。豊かで力強くそして果実味が豊富である。そして他のワインよりも複雑で黒いイメージの香りが一杯漂うのである。
ボンヌ・マール(ブルゴーニュワインがわかる マット・クレイマーからの抜粋)
たくましく、こってりとしたタンニンの強いワインで、雄勁なすがたを末永く保つ。
ブルゴーニュの特級でもっとも見過ごされた存在であると申し立てることもできる。村落内のもうひとつの特級、ミュジニのせいで影がかすみがちなせいもあるし、ミュジニが早いうちからシナモンや石を思わせる芳香を華やかにただよわせるのに、同じ調子をひびかせるわけでも、また優雅に洗練されたさまをみせるわけでもないからだ。すぐれたボンヌ・マールは10年立たないうちは飲めないのも当然で、それからようやく頑丈なタンニンが減り始め、潜んでいた芳香が漂い始める。本当はもう10年後のほうがいいのだが、その年にできたブルゴーニュの赤のなかで、ボンヌ・マールこそ実はもっともすばらしいものだったと言うことが明らかになるのである。
ブルゴーニュのワイン クライブコーツMWから
ボンヌ・マール
海抜265m~300mに位置し、クロ・ド・タールの南に位置する。地理的に対角線にモレ側からシャンボール・ミュジニの北側の真ん中で線が引かれる。この北側部分は、土地がより重く、粘土質を多めに含みterres rouges(赤い土)と呼ばれる泥灰土である。シャンボールに向かう南側の土は、より色も成分も軽く、貝殻化石土壌である。ここがterres blanches(白い土)である。すべての土地で石灰石やその小石が多く含まれている。
このワインは現在の当主フランソワではなく父のピエールの時代。もう父のデータがないので、フランソワのデータから。
François Bertheau
2004年に彼の父Pierre Bertheau から引き継いでいる。
栽培は、厳格なリュットレゾネで耕作を行っている。収量は剪定、ヴァンダンジュ・ヴェールトで厳しく切り詰め、収穫は全て手づみで行う。野生酵母で発酵を行い、除梗し、低温浸漬は3-4日間行い、最高30度の温度で発酵させる。熟成はバリックで18ヶ月間。新樽の比率は20%~30%。瓶詰めはノン・フィルターで、瓶詰め後すぐにはリリースせず、半年以上休ませてから出荷。

Bonnes Mares Remoissenet 1996 ボンヌ・マール ルモワスネ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

BMRe96.jpg

外観 エッジにオレンジがある濃いルビー色
香り 最初は閉じ気味であったが、次第に開いてくる。1996の特徴のように酸が強めで、ミントの香りが上がっている。酸化鉄のような香り、果実、スパイス
味わい 酸が強めで、甘さが軽くある。口の中に果実が広がり、奇麗な酸がある。そして、噛み応えがあるような味わいの後に余韻が長く続く。
味わいの中に強さがある。これがボンヌ・マールか。それにしても初めて美味しいボンヌ・マールに出会った。15年経っているがまだまだなんだろうか。マット・クレイマーが20年経った方がよいと書いている。
ルモワスネのボンヌ・マールは珍しい。いままでも見たことがない。それにこのエチケットもルモワスネの中で見たことがない。
醸造は現代風の低温浸漬、果実味が溢れる、柔らかな感じでなく、古風な作りである。これは、この日一緒に飲んだルロワのクロ・ド・ブージョと、ポンソのモレサンドニ1級 と好対照であった。
Bonnes Mares Remoissenet
ボンヌ・マールは、北側のモレ・サン・ドニ側は、クロ・ド・タールに接しており、南側のシャンボール・ミュジニ側は、les Fuées、les Sentiersに接している。
北側の土はより重く、粘土をより多く含んでいる泥灰土である。南側はの土は、色も質感もより軽く、牡蠣の化石からできている。
マット・クレイマーは、ブルゴーニュワインがわかるで、
たくましく、こってりとしたタンニンの強いワインである。ボンヌ・マールは10年経たないうちには飲めないも同然、それからようやく頑丈なタンニンが減りはじめ、潜んでいた芳香がただよい始める。本当にもう10年後のほうがいいのだが。その時になって、ブルゴーニュの赤の中で、ボンヌ・マールこそが実はもっとも素晴らしいものだったことが明らかになるのである。
EL08.jpgat ABB
再度試飲。以前に飲んだときより花の香りが立っている。前回は、吟醸香の香りしかしなく甲州に近いと感じた。しかし今回は、もっと柔らかい花の印象が強い。甲州ならソービニヨン・ブラン(イセハラによくある)的になるのかもしれないので、やはり葡萄の系統が違うのだろう。粘性は控えめで、色も薄く透明に近い。味わいは酸が効いていてほんのりと甘さがある。
アルコール11.5%
このほんのりと甘さがあるのは、ドイツでモーゼルまでたどりつけるとうれしいが。そうは、実際には行かない。
エルブリングはドイツの古い葡萄品種。とくにモーゼルで作られ、ゼクトの原料になることが多い。この味わいは、やや甲州と同じようにあまり自己主張が強くないので日本食に合わせやすいと思う。