Chateau Haut-Brion オー・ブリオン 1985

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

chaHauBri1985.jpgChateau Haut-Brion オー・ブリオン 1985

外観 エッジにオレンジがかかったガーネット色
香り 他の4本と明らかに香りの質が違う。シガー、熟成した果実、ブラックチェリー、プラム、ミント、杉など、丁子などの複雑なスパイス、スーボア、
味わい 少し渋みが効いたミネラル、熟成した果実が口の中に広がる。余韻の中にすこし前の4本とは違うなにか水っぽいものを感じる。余韻は非常に長いが、前の4本ほどではない。 

1985年の5大シャトーの水平も最後のワインとなった。これがオー・ブリオンだと思わせる。明らかに前のメドックのワインとは香りも味わいも質が異なるのである。僕のテイスティングコメントは、最後のワインでもっと力強い物を期待していたのか、少し水っぽいとまで書いている。おそらく液体の構成は緻密なのだろうが、凝縮感が今での4本と比べると少ないと思ってしまったのだろう。

ペサック・レオニャンの特徴らしく、香りに凝縮したスパイス、シガーの香りがあり、最初からやや渋みのあるタンニンを感じるところだろうか。
少し分離したような水みたいなものもその特徴だったろうか、確かでキャンタをしてサーヴィスしていたような気がしたが、これは瓶の上の方のものだったんだろうか。

5MedFirs1985.jpg1985 95 パーカー ボルドー4版
壮麗なほど魅惑的で、古典的なオー・ブリオンには、このエレガントな、フィネス重視スタイルのワインの、最も食欲をそそる側面が見られる。十分な飲み頃の高原部に達している。色は深みのあるルビー/ガーネット色で、緑がいくらか薄くなってきている。西洋杉、乾燥ハーブ、燻煙、クレオソート、ブラックチェリー、プラム、ブラックカラントの非常に複雑なノーズがグラスから飛び出す。口に含むと、まろやかで、凝縮感があり、ミディアムからフルボディでビロードのような舌触りがあり、アルコール、酸、タンニンが見事にまとまっている。美酒である。予想される飲み頃 ~2012年


オー・ブリオンは1級シャトーの中では最も香り高いと同時に、最も外交的で軽いワインとされる事実は興味深い。実際には、このワインは軽いのではなく、単に、オークの個性があって肉付きがよくタニックなメドックのワインや、より柔らかくてメルロが支配的な右岸のワインとは異なっているだけなのだ。最高のヴィンテージにおいては、早熟であるにもかかわらず、このワインは重みととともに舌触りも増し、30年かそれ以上熟成を続ける能力を持っており、他の1級シャトーのどのワインよりも飲み頃の期間が長い。香りの面ではオー・ブリオンの偉大なヴィンテージの右にでるものはない。


1985
春と初夏は通常通り。
7月は例年より心持ち暑く、雨が多かった。
8月は例年より寒かったが、極めて乾燥していた。
9月の天候は最も暑い,最も乾燥した年。
収穫は9月に始まったが、
メルロ、これは十分に熟して俊逸な品質となっていた。
カベルネ・ソーヴィヨンは、期待したほど熟しておらず、天然のアルコール度数は11%に達するほどでしかなかった。
3番目は莫大な収穫量の為にだれでもが油断した。
8月と9月の水不足は砂質土壌にある多くのカベルネの畑に過剰なストレスを与え、実際に成熟を遅らせるほどだった。懸命な栽培農家はカベルネを摘むのを中断し、悪天候に見舞われる危険を冒しつつ糖度が上がることを期待したのだが、それほど冒険心のない生産者は、優良とは言えない良好なカベルネ・ソーヴィニヨンで手を打った。
一般的に、1985年は、とても気のそそられる魅力的なヴィンテージであり、パランスのとれた、リッチな、非常に香りが高いが優しいワインが数多く生産された。1級シャトーが品質の点で他のシャトーの上を行くヴィンテージは多いが、例えば、1986年がそうである。1985年は、シャトー・マルゴーを例外として、そうではない。


大きな地図で見る

テイスティング: 2013年5月11日
My Rating(評価): 16/20
アクセス数:75