Grands-Echezeaux Mongeard-Mugneret 2007 グラン・エシェゾー モンジャール・ミュニュレ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

GraEscheMonMug2007.jpgGrands-Echezeaux Mongeard-Mugneret 2007 グラン・エシェゾー モンジャール・ミュニュレ


外観 グラン・クリュにしてはやや薄めのルビー色
香り 綺麗なベリーなどの果実、トーンが高い白胡椒の香り、奥にすっとするミントなどがある。香りが豊かである。
味わい 綺麗な酸と豊かな果実のバランスが良い。酸は中程度よりやや多め、果実の凝縮度は、中程度よりやや濃いめ、タンニンは中程度よりやや濃いめ。アルコール度数は中程度、余韻も長く、綺麗なダシとミネラルが少し控えめであるが上品に長く続く。

今まで持っていたグラン・エシェゾーのニュアンスとは違う。以外とモンジャール・ミニュレの2007のグラン・エシェゾーの感じは僕にはどんビシャかもしれない。いつも鈍重で濃いめの印象がなくて、上品なワインである。そしてもう飲み頃である。さすが2007である。


モンジャール・ミュニュレのサイト http://www.mongeard.com


MONGEARD-MUGNERET モンジャール・ミュニュレ 上位の3ワイン以外は全て除梗している。
2−3日低温浸漬を行い、高温で発酵、グラン・クリュで60%の新樽を用いる。
全てのワインが凝縮感が強く豊満で力強く濃い色に仕上がっている。
以前は強い新樽がワインに合っていなかったと思えたが、1998年から自分の家で買い付けた樽を使いだしてから良くなってきている。

テイスティング: 2014年12月27日
My Rating(評価): 16/20
アクセス数:92